建築関係の様々な仕事

建築関係の仕事には、一般的に知られている建築士以外にも様々な職種があります。これから紹介するのは、その中でも人気の職種になります。建築関係の仕事を目指しているなら、チェックしておくといいでしょう。

建築関係で人気の職種ランキング

no.1

建築士

建築士は、建築物の設計及び工事の監理業務を行なう仕事になります。一口に建築士といっても、その内容は多岐にわたり、それぞれの資格ごとにできる仕事が異なります。建築士の資格には一級建築士、二級建築士、木造建築士といったものが挙げられます。

no.2

測量士

測量士は、全ての建設工事で必要な測量を行なうことが主な仕事になります。測量といえば簡単だと誤解する方もいますが、建築業界での測量は1ミリのズレも許されないほど、繊細な仕事で高度なものです。また、測量士の資格は国家資格に該当し、取得難易度も高いです。

no.3

電気工事士

電子工事士は、あらゆる建物の電気設備の設計や施工を行なう仕事になります。具体的に言いますと、電気配線や配電盤の据え付けを行ったり、新たな電気設備を追加したりといったことが挙げられます。電気工事は危険が伴う仕事なことから、国家資格を取得した方のみしか工事を行えません。

[PR]ヘッドハンティングお役立ち情報!
やりがいのある仕事に転職☆

[PR]建築専門の求人情報サイト!
理想の職場を見つけよう☆

[PR]一級建築士の求人情報をリサーチ☆
最良の職場を見つけよう☆

建築関係の仕事へ転職しよう!転職に関する基礎知識

英語

建築士を目指すために

建築業界の仕事に興味がある場合、まずはネットで求人情報サイトをチェックすることをおすすめします。求人情報サイトには、全国各地の建築関係の求人がピックアップされており、その数も豊富にあります。また、希望する給与や待遇、労働時間などからも求人を絞り込むことができるため、ご自身のライフスタイルやこだわりたいポイントから求人を厳選することが可能です。

ヘッドハンティングを利用する

また、一級建築士の資格を所有しており、別の会社で働いてみたいという場合、ヘッドハンティングを利用してみてはいかがでしょうか。ヘッドハンティングなら企業側からのスカウトという形になりますので、今よりも給与や待遇面がアップすることが可能です。しかも、ヘッドハンターが入社までしっかりとサポートしてくれるので、転職が失敗するリスクも少なくても済みます。

終わりに・・・

転職・就職を希望しているという方は、まずは働きたい場所や職種をイメージし、ご自身の将来的な目標を具体的に考えてみるといいでしょう。その上で、最も活躍できるフィールドへ転職することを目指すといいです。

合わせて読みたい記事

タブレット

キャリアアップを目指せるヘッドハンティング!

ヘッドハンティングされることで、どういったメリットがあるのかをご存知でしょうか。転職をしたい、新しい職場で働きたい、キャリアアップを目指したいという方はコチラを見ておこう!

READ MORE
広告募集中